同じ言葉はできるだけ使わない

あるメディアに、喋っている言葉をそのままテキストにしたような対談記事が出ていました。

対談の雰囲気を出すため、あえてそのようにしたのかもしれませんが、記事の読み手は対談を聞いているオーディエンスではありません。
文字になった記事を読んでいるのですから、やはり編集作業が必要です。

「僕の理解」が5段落に4回も出現

短い文章の5つの段落に、4回も「僕の理解」という言葉が出現しています。

僕の理解をたくさん使っている文章

僕の理解をカットしてみた

BIOTOPEは僕の理解だと「戦略デザインファーム」と定義できます。

BIOTOPEは「戦略デザインファーム」と定義できます。

僕の理解ではここで言う戦略デザインファームとは、「会社全体のデザインをする会社」という意味です

ここで言う戦略デザインファームとは、「会社全体のデザインをする会社」という意味です。

これはあくまで僕の理解ですが、BIOTOPEに顧客を奪われている可能性があるのは、戦略コンサルティングファームだと言えるでしょう。

BIOTOPEに顧客を奪われている可能性があるのは、戦略コンサルティングファームだと言えるでしょう。

同じ言葉をカットするだけでも随分スッキリとした文章になりました。

話し言葉をそのまま利用した文章は、読み手に負担を与えます。読んでもらう文章にするのであれば、読み手にとって読みやすい文章を心がけましょう。

この記事を書いた人

アバター