同じ言葉はできるだけ使わない

あるメディアに、喋っている言葉をそのままテキストにしたような対談記事が出ていました。対談の雰囲気を出すため、あえてそのようにしたのかもしれませんが、記事の読み手は対談を直接聞いているのではなく、文字になった記事を読んでいるのですから、そこにははやり編集作業が必要です。

僕の理解が5段落に4回も出現

以下の文章は短い文章の段落、5つに4回も同じ言葉である「僕の理解」がでてきます。また、読み手が前提として知っているのが当たり前というスタンスで文章が成り立っているので、理解できないまま文章を読み進めなくてはなりません。

この文章、たとえば以下のように繰り返しを避けてみましょう。

BIOTOPEは僕の理解だと「戦略デザインファーム」と定義できます。

僕の理解ではここで言う戦略デザインファームとは、「会社全体のデザインをする会社」という意味です。

これはあくまで僕の理解ですが、BIOTOPEに顧客を奪われている可能性があるのは、戦略コンサルティングファームだと言えるでしょう。

このように繰り返しを避けることで、ずいぶんすっきりとした文章になりますね。