添削で学ぶ! 文章作成講座

月額8,000円:入会金不要

新人のA君は入社し、3日続けて遅刻
していたから、B課長はあきれかえった。
し、B課長をあきれさせた。

必見

人の添削で我が文章直せ!

プロのライターによる文章添削で文章力をアップしよう!

オンライン
学習

いつでもどこでも学習可能

個別指導

できなかった点を改善

入会金不要

月額8,000円ごとに更新

こんな方におすすめです

プロのライターではないけれど、仕事で文章を扱う人のための文章力アップ講座です。

こんな悩みはありませんか?

こんな悩みを抱えておられる方はぜひご参加ください。

添削例

UXはやればいい訳ではない、結果が出てはじめてこそ取り組んだ意味がある

プロダクトを成功させるにはUX/UIが大切である」という記事を昨今よく見かけるようになりました。それと同時に、UXをしてみたけれど設計してみたものの、成果につながらなかったという話もちらほら聞きます記事も見かけるようになりました

ではどういう取り組みをしているのかとみると、成果につながらなかったという記事では、UI/UXの取り組みは「プロダクトにおけるユーザージャーニーマップの作り方ボタンをどのように配置したらいいのか?の配置をどのように行うのか」ということといった表面的な事例にフォーカスした記事が多いように見受けられます内容がほとんどです。もちろんこれは大切な要素ですが、UI/UXの本質ではありません。

ただ、UXを設計すること、それ自体が目的になってはいけないのですませんでは、どうやったら結果に結びつくのか?と考えみましょう。UXを設計し、プロダクトを成功に導くのに大切なことは「ユーザーの問題やニーズを見つけ、解決すること」です。UXの設計を通し、それがどのように結果に結びつくのかを考えるようにしましょう。

逆につまり、ユーザーの問題やニーズにつながらない設計や開発は、結果にはつながらないということです。手法が目的になり、ユーザーの問題やニーズが置き去りにされてしまってはUXを設計する意味がありません。

まずは、3ヶ月間のベーシック講座から!カリキュラムをチェック!

  1. 開始から3ヶ月目まで文章作成ベーシック講座

    月に2回の課題提出

    カリキュラム詳細

  2. 4〜12ヶ月目まで文章作成ベーシック応用講座

    月に2回の課題提出

    カリキュラム詳細

  3. 13ヶ月目〜文章作成マスター講座

    月に1つの課題/2回までの添削

    カリキュラム詳細

今すぐ受講を始めよう!

申し込みはこちら