池田 園子

池田 園子(いけだ そのこ)

  • ライター/編集者

Webニュースメディア、企業のオウンドメディアを中心に執筆・編集を行う。ジャンルはIT、エンタメ、マーケティング、企業・人物取材など。著書に『フリーランスで食っていきたい!』『今からはじめるNAVERまとめ』(奥田園子名義)がある。

ひとこと

人が言葉で何かを伝えようとする時、「話し言葉」と「書き言葉」という手法が存在します。 「話し言葉」は論理的にアウトプットされなくても、声の調子や感情などで情緒的に伝えることも可能です。しかし「書き言葉」はそういった要素に頼ることはできません。いかに論理的に書き、相手に正しく情報を伝達していくのか。そんな文章作成のスキルを学んでいただければと思います。

ビジネスの現場で使われる文章は、「わかりやすいこと」「読みやすいこと」に加え、書き手の意図が読み手に「正しく伝わること」が不可欠です。メディアが多様化し、伝える手段も多岐にわたる昨今では、各メディアの特性に応じた「伝える工夫・努力」が、かつてないほど求められています。そうした視点から、【働く言葉・伝わる文章】をキーワードに、受講生の皆さんの文章スキル向上をお手伝いします。

古市 威志

古市 威志(ふるいち たけし)

  • テクニカルライター
  • 編集者
  • パソコン教室・こども将棋教室講師

Mac専門誌、技術系出版社の編集者を経て、現在は外資企業のネットワーク管理者、テクニカルライター&編集者、パソコン教室・こども将棋教室講師の3足のわらじを履く。 編集者としてWordPressやMac, iPhone/iPadなどの書籍を数多く担当・執筆。ライターとしてもEvernoteやiPhone/iPad関連書籍などの紙媒体から、Web上のICT用語集までジャンルを問わず幅広く執筆している。Macは30年来、iPhoneも最初期からのユーザー。著書に『Scratchではじめる ときめきプログラミング』『EVERNOTE Perfect GuideBook [改訂第2版]』がある。

ひとこと

自分が思っていること、伝えたい内容を相手に正確に伝える。これはコミュニケーションの基本です。直接会ったり電話で話をするときは、言葉のほかにも表情・ジェスチャーや声の抑揚といった情報が含まれるため、微妙なニュアンスも伝えることが可能です。一方、文字によるコミュニケーションでは、文章のみで相手に情報を伝えなければなりません。このため、必要な情報を過不足なく相手に伝える技術が必要になります。 こういうと何か難しそうな気がしますが、相手にどう捉えられるだろうかという点を整理して書いていくことで、自然と伝わる文章が身につくようになるでしょう。本講座が、伝わる文章・わかりやすい文章を書くための一助になれば幸いです。

書く練習と添削で文章力が向上する!一緒にやっていきましょう。

文章力向上のための書籍や勉強会では理解の導くことができます。しかし、頭で理解しているだけでは身につけることはできません。

実力をつけるためには「書く」練習が必要です。文章作成の練習は”たくさん書くこと”につきますが、書いただけでは成長はありません。人からの指示を受けることで新たな発見をすることができ、成長することができます。 自分で書いた文章をプロのライターに指導されることで実力をつけることができます。

講座申し込みはこちら