主語は事前に必ず入れる

最近のコミュニケーションは、チャットが主になっていたこともあって、主語がない文章が多く存在するように思います。

チャットを行う気心知れた人には、簡単で短い言葉で理解できても、一般的な文章に前提がないと、何のことを示しているのか理解しにくくなります。

その代表的なものが、「主語」に関わるものです。日本語の特徴でもありますが、主語がなくても意味が通じてしまうので、文章に書かなくなってしまいがちです。

主語がない

①この文章は、わかりにくいので苛立ちを感じた。

①の文章は、主語がないので、誰が苛立ったのか不明瞭です。

主語が後に来る

②この文章は、わかりにくいので私は苛立ちを感じた。

②文頭に「この文章は、」と来るので、文章が主語かと思ったら、後半に「私は」が出てくるので「?」となります。

また、仮に「文章」が主語になるのであれば、「私は」でなく、「私を」とすべきです。

この文章は、わかりにくいので私を苛立たせた

主語が前に来るスタンダード

③私は、わかりにくい文章で苛立ちを感じた。

文章の基本(キホン)の「キ」ですが、まずは、「誰が何をした。」と明示的にするためにも主語を入れて文章を記載しましょう。

この記事を書いた人

アバター